闇金以外で審査が甘くブラックが借りれるスマートフォンからのみ申し込める限定のサラ金をご紹介

サラ金ブラックキャッシング

ブラックお役立ち情報

多重債務者は自社審査のサラ金(街金)が借りれる!

投稿日:

消費者金融の審査にはコンピューターによる自動審査と、人が貸付の可否を判断する自社審査(手動審査)があります。

言うまでも無く審査が甘いのは「自社審査(手動審査)」であり、自社審査を導入しているのは例外なく中規模以下のサラ金(街金)になります。

ブラック多重債務者はコンピューター自動審査では100%借りれない

自社審査と自動審査
パソコンサイトから「30秒自動審査」などを受け付けている消費者金融は例外なくコンピューター審査を導入しています。

大手消費者金融ともなると、1日に数万人の人が申し込みしてきますから、当然申込者全員の手動審査などできるわけもなく、まずはコンピューター自動審査で“ふるい”にかけます。

そしてコンピューターによる判定で過去に金融事故を起こしている人や、多重債務者は100%審査に落ちてしまいます。

ただしこれは何も大手に限ったことではありません。
中規模と言われている消費者金融でもコンピューター自動審査を導入している会社はどこも同じで、ブラックや多重債務者は100%審査に落とされてしまいます。

ただ、これはある意味当然のことで、と言うのも、そもそもコンピューター自動審査とは、返済が滞る可能性がある人を自動で判断し、自動で“弾く(はじく)”ために導入されているものだからです。

ブラックや多重債務者は「返済が滞る可能性のある人」の代表とも言える存在ですから…。

さらには、コンピューター自動審査は、あくまで「1次審査」です。
この後、申請内容に虚偽がないかや、在籍確認(=職場確認)などの「2次審査」があります。

ここまで徹底した審査をする消費者金融が、過去に金融事故を起こしたことのあるブラックや多重債務者にお金を貸すわけがないということはお分かりいただけると思います。

ネット申込みでも手動審査の消費者金融で借りる!

ご存知無いかもしれませんが、日本には1800店舗以上の貸金業者が存在します。
ではその1800の貸金業者の内、コンピューター自動審査を取り入れている貸金がいくつあるのかと言うと、実は全体の10分の1もありません。

つまり、むしろコンピューター自動審査を導入している消費者金融のほうが少ないということになります。

しかし、残念なことに、自社審査(手動審査)の消費者金融は、積極的な宣伝もしていませんし、ホームページも持っていなかったりします。

そういった消費者金融に、スマホから申し込めるようにしたのが当サイトが紹介している「ブラック即ナビ」と「平日早朝限定ブラック枠」です。(スマートフォンからのみ申込みできます。PCで閲覧している人は是非スマホでアクセスしてください)

この2つはネット(ただしスマホからのみ)から申込みを受け付けていますが、審査はコンピューターではなく、手動になります。

手動審査で、融通が利きますから、過去に関係なく、現在返済能力があると認められれば、ブラックや他社借入中の方でも借りることができます。

コンピューター自動審査の方が借入まで早いとは限らない

コンピューター自動審査の方が借入まで早いと勘違いしている方もいるようですが、そうとは限りません。

なぜなら前述したように、コンピューター自動審査はあくまで1次審査だからです。
大手でも2次審査は人の手が加わりますから、そう考えるとスピードは借入までの自社審査(手動審査)の消費者金融とそれほど変わらないということになります。

最終的にどこでキャッシングするかは、各自の判断になりますが、審査通過しなければお金は借りれませんので、一度自社審査の消費者金融で借りることも検討してみてはいかがでしょうか?

-ブラックお役立ち情報

Copyright© サラ金ブラックキャッシング , 2018 All Rights Reserved.