闇金以外で審査が甘くブラックが借りれるスマートフォンからのみ申し込める限定のサラ金をご紹介

サラ金ブラックキャッシング

ブラックお役立ち情報

サラ金から借りると会社に電話がかかってくる?

投稿日:

サラ金からお金を借りると会社に取り立ての電話がかかってこないかを心配する人がいますが、そもそも毎月期日通りに返済していればそんな心配する必要はありません。

ただ、そうは言っても電話がかかってこないかドキドキしながらでは仕事にも身が入らないと思いますので、この記事「サラ金から会社に取り立ての電話がかかってくるのか?」本当のところをお話します。

基本的に会社に取立ての電話はかけてこない

ドラマや映画などで、貸金業者が「おたくの●●はんが貸した金返してくれまへんのや!」と会社にまで借金の取り立ての電話をかけているシーンを見ることがあります。

そのためサラ金からお金を借りると会社にまで取り立ての電話をかけられるのでは?と心配している人がいますが、基本的にサラ金が会社にまで電話をかけてくることはありません。

「基本的に」と書いたのは、返済期日に大幅に遅れて、本人とも連絡が取れなくなれば会社に電話かける可能性もあるからです。
ただしその場合も「××金融やが●●はんおる!?」といった乱暴な電話ではなく、あくまで本人の所在を確認するためのものであって、金融会社名を名乗ることは稀です。

お金を貸した方もビジネスですから、貸したお金は当然回収しなければなりません。
そう考えたら会社にまで催促の電話をかけることはマイナスでしかありません。
なぜなら債務者が会社に居づらくなり会社を辞めてしまえば余計に貸したお金を回収できなくなってしまうからです。

保証人がいたり、不動産などを担保に入れていれば話は別ですが、サラ金は消費者金融ですから基本的に無担保・保証人不要で借りているはずです。であれば、あえてサラ金が、債務者が会社に居づらくなるようなことをすることはありません。

また2006年に貸金業法が改正されてからは、さらに取り立ての方法には厳しくなりましたから、現在は昔以上に安全になっています。

サラ金と闇金を混同していませんか?

サラ金を理解してほしい絵

勘違いしている人もいますが、サラ金は「サラリーマン金融」の略であって、闇金ではありません。

サラリーマン金融とは、つまり消費者金融のことです。

もともとは消費者金融はサラリーマン金融と呼ばれていました。それが「お金を借りるのはサラリーマンだけではない、主婦も、学生も、フリーターも借りるよね?だったらひとまとめにして“消費者”にしよう。」となり、「サラリーマン金融」から「消費者金融」に名称が変わったのです。

参考記事:サラ金とヤミ金・ソフト闇金の違いを審査から金利まで解説

つまり、もともと「サラ金融=消費者金融」だったわけで、それが現在では「サラ金=小規模の消費者金融」と解釈されるようになったわけです。

規模は小さくでも消費者金融は消費者金融ですから、貸金業登録をした貸金業者であることには変わりなく、
貸金業登録をせずに法外な利息を搾取する闇金とは全く違います。

ただし在籍確認の電話はある場合あり

余程のことがなければ、サラ金が会社にまで取り立ての電話をかけてくることはありませんが、最初の審査時には、本当に申込み者が、申請書類に記入した職場で働いているか確認するために電話することがあります。
これを「在籍確認」といいます。

当サイトの2つブラック対応窓口からの申込みでは在籍確認が無い場合もありますが、どういった人が在籍確認があるのかどうかはケース・バイ・ケースです。

ただし在籍確認は、金融会社からの電話だと分からないように、個人名や保険会社名などを語って電話をかけてくれるので、あなたが借金しようとしていることが会社にバレることはありません。その点は安心しても良いと思います

参考記事:ブラックでも在籍確認無しで借りれる!会社に電話がないから借りやすい

まとめ

サラ金は闇金ではなく、あくまで貸金業登録済みの認可を受けた業者ですから、ドラマや映画のような取り立ての電話が会社にかかってくることはありません。
ただ、そもそも返済期日を守っていればそんな心配をする必要はありません。
もし、あなたが返済日に遅れて、さらには先方からの電話にも出ないとなれば、仮にサラ金があなたの会社に電話をしたとしても、それはサラ金が悪いのではなく、あなたに非があると言えるでしょう。

-ブラックお役立ち情報

Copyright© サラ金ブラックキャッシング , 2018 All Rights Reserved.