闇金以外で審査が甘くブラックが借りれるスマートフォンからのみ申し込める限定のサラ金をご紹介

サラ金ブラックキャッシング

審査の甘い金融情報

多重債務者がお金を借りるなら総量規制外のブラック即ナビ

更新日:

当サイトが紹介するブラック即ナビなら、多重債務の借り換え、おまとめにも最適です。
大手でも返済が遅れれば金利は20%まで引きあがりますよね?
だったら小規模の消費者金融でも借金を一本化してしまったほうが返済も楽になりますし、精神的にも楽になるはずです。

ブラック即ナビが多重債務者に向いている理由

当サイトが推薦する消費者金融がブラックだけでなく多重債務者(ブラックであり多重債務でもある人も含む)にも向いているのには理由があります。

それは、ブラック即ナビから申し込める貸金業者が、ヤミ金などではなく、貸金業登録をした消費者金融だからです。

一般的にヤミ金は小口融資しかしませんから、おまとめはできませんし、そもそも法定金利を大幅に超えるヤミ金でおまとめなどしてしまった日にはとてもではありませんが返済などできません。

参考リンク:ソフト闇金に優良ってあるの?借りるなら法定金利内の激甘サラ金で!

しかし、当サイトが推薦する消費者金融は小規模のサラ金であり、審査はかなり甘いものの、決してヤミ金などではなく、れっきとした消費者金融ですから小口から大口までさまざまな融資プランに対応しています。そのため多重債務のおまとめ、借り換えにも最適です。

忘れてはいけない総量規制。でもブラック即ナビなら安心

多重債務のおまとめでネックになるのは「総量規制」です。
多重債務で悩んでいる方なら既にご存知かもしれませんが、知らない人もいるかと思いますので、ここで少し総量規制について解説しておきます。

総量規制とは?

総量規制とは年収の3分の1以上の金額の借金ができないことを言います。

例えば年収300万円の人なら、総量規制では100万円を超える借入はできません。
ということはつまり、年収300万円の人が複数の消費者金融からお金を借りていて、その総額が150万円だった場合、この借金すべてをおまとめできないことになります。

ただ、ご安心ください。

この年収3分の1というのはあくまで「原則」であって、「例外」や「除外」となるケースが存在します。
この例外や除外となるケースを上手く利用することで年収の3分の1以上の借入が可能となります。

総量規制の除外・例外

総量規制の除外となる分かりやすいケースを一つあげると、たとえば、貸付契約には「個人向け貸付」「個人向け保証」「法人向け貸付」「法人向け保証」の4種類があるのですが、この4つの中で総量規制の対象になる貸付は「個人向け貸付」だけです。

ということはつまり、貸付形態が「個人向け保証」「法人向け貸付」「法人向け保証」の3つなら、その総額が年収の3分の1を超えていても借りられるということになります。

この「貸付形態を変更して総量規制を逃れるという方法」は決して珍しいものではなく中小規模の消費者金融ならどこも取り入れている方法です。
もちろん審査は厳しくなりますが、その審査基準が緩いのが当サイトが推薦している消費者金融ということになります。

その他の総量規制の対象外になる例を以下にあげておきます。

総量規制の除外例外の図

総量規制は法律ですから、本来消費者金融側がその法律を無視して個人に年収の3分の1以上の貸付をすることはできません。
しかしこういった例外と融資プランを上手く結びつけることで、総量規制以上の金額を借りることができるようになり、結果、他社の借金の総額が年収の3分の1を超えた多重債務のおまとめも可能になるのです。

総量規制以上のおまとめにおすすめの消費者金融

総量規制外のおまとめローンなら、リアルタイムで借りやすい消費者金融が更新されるブラック即ナビからの申込みが最適です。

ただ、希望額よっては減額されることもあるかもしれません。
その場合は収支のバランスを考えながら、消費者金融側と相談して最終的な借入額を決定するようにしてください。

-審査の甘い金融情報

Copyright© サラ金ブラックキャッシング , 2018 All Rights Reserved.